大阪の学童保育の保護者、指導員の団体です。「子どもたちにより豊かな放課後を」を合言葉に活動しています。

おおさかのがくどうほいく 大阪の学童保育保護者・指導員、そして専門家の集団です。「より豊かな放課後を」合い言葉に日々活動に励んでいます。

 

第37回 大阪学童保育研究集会

アクセスマップ学童保育が出番

− 子どもが育つ地域を耕そう −

日時:6月26日(日) 午前10時〜午後4時  
参加協力金 1,000円
場所:阪南大学(本キャンパス・4号館) 
  近鉄南大阪線「河内天美」駅下車 徒歩約6分

≫アクセスマップ  ≫学内配置図  ≫大阪研NEWS

●記念講演
「優しさとしての文化」 木津川 計 氏(立命館大学教授)・ 雑誌『上方芸能』代表
「子どもの事件簿から人権を考える」 渡辺 和恵 氏(弁護士) 
【特別報告】
わが子の育ちと学童保育
 水谷拓司・秀子さん(吹田市) 込山 剛さん(富田林市)
ぼく・私が育った学童保育
 (松原市と大阪市の学童っ子OB)

午後からの講座と分科会(午後1時〜4時)

午後の子育て講座

講師

1 戦争アカンを世界のすみずみに

西谷 文和氏 (イラクの子どもを救う会)

2 子どもたちのまなざし

土佐いく子氏 (小学校教諭)

3 若者たちに何が起こっているか

中西新太郎氏 (横浜市立大学)

4 子どもと楽しくあそぼう

東森 茂美氏 (寝屋川市・指導員)
宮川  浩氏(大阪市指導員)

分科会名称
内     容
助言者・世話人・報告者

1.子どもの意欲を育てるあそび活動

発達面からも生活面からも、重要なあそび。指導員はどのようにそれを組織し、展開していくのか。深め合いましょう。

(報)藤井智仁(熊取町指導員)
(助)長瀬美子(大谷女子大学)
(世)清水結三(大阪市指導員)

2.心まちにする行事をみんなでつくる

学童保育実践における、年間計画の意味と、行事の位置づけについて、深め合いましょう。

(報)田中浩美(堺市指導員)
(助)二宮衆一(愛媛大学)
(世)畠中琴代(守口市指導員)

3.ひとりひとりを生かす集団づくり

学童保育の生活やあそびを通して、一人ひとりを生かす「集団」づくりを深め合います。報告の事例をもとに、指導方針とその具体化について考えあいましょう。

(報)丹羽博子(吹田市指導員)
(助)久田敏彦(大阪教育大学)
(世)石橋裕江(大阪市指導員)

4.障害児をもつ学童保育の交流

障害児の豊な放課後の生活を保障していくために、どのような知識、行政施策が必要か。現状を出し合い、学童保育の生活づくりについても交流します。

(報)井上悦子(富田林市指導員)
(助)青木道忠(障害者センター相談員)
(世)中尾光恵(守口市指導員)

5.高学年の放課後と学童保育

「6年生まで学童行きたい!」子どもの要求も高いものがあります。親の就労保障、子どもの安全、発達保障について、高学年の保育を熱く語りあいましょう!

(報)森岡恵治(大阪市指導員)
(助)札内敏朗(大阪市指導員)
(世)萬谷千賀尾(堺市指導員)

6.学童保育でのおやつを考えよう

八尾市では週4回、池田市ではおやつは認めないなどおやつの規制が出ています。子どもにとっておやつとは・・・。必要性を確認しつつ、楽しいおやつについて交流しましょう。

(報)西村洋一郎池田市保護者茨木市指導員
(助)谷本貴美子(調理師)
(世)山本清美(豊中市指導員)

7、学童保育と家族支援

子ども理解し、発達を促そうとするとき、その家族、子育てをどう支援していくのかが大きく問われます。現状を出し合いながら討論しましょう。

(報)小畑愛子(堺市指導員)
(助)伊部恭子(佛教大学)
(世)植田 円(茨木市指導員)

8、指導員が働き続ける条件の拡充

発達保障、安全の確保、働きながらの子育て支援。指導員の仕事は多岐に渡る。その重要性が認められ、身分が保障されるにはどのような展開をしていけばよいか考えあいましょう。

(報)寝屋川市指導員
(助)谷 真琴(大阪自治労連)
(世)岩橋千恵子(豊中市指導員)

9、保護者会活動の交流

学童保育を活用して子育てをしている親たちの集まりが父母の会です。楽しい行事や懇談会など保護者会の活動など出し合い交流しましょう。悩みなどもぜひ、出してくださいね。

(報)大阪市保護者
(報)松原市保護者
(報)小下三世子(寝屋川市指導員)
(助)藤浦修一(大阪学保協)
(世)小西浩子(大阪市学保協)

10 自治体の動向と学童保育施策の確立(分散会)

a.安心・安全の地域づくりと学童保育

地域が大きく変貌している今、子どもを守る地域のネットワーク作りが急がれています。学童保育の役割を考えながら共同の輪を広げていくために交流しましょう。

(報)大阪市・熊取町
(世)増永 茂(大阪市学保協)
(世)宮前妙子(寝屋川市学保協)

b.次世代育成行動計画の推進と運動

すべての市町村で五ヵ年の行動計画が決まっています。学童保育の発展のために各自治体の行動計画を出し合いながら、運動の方向を考え合いましょう。

(報)吹田市・茨木市
(助)杉山隆一(大阪総合福祉専門学校)
(世)岡田憲明(大阪学保協)
(世)八木一夫(大阪学保協)

保育室ご案内
(要 事前申し込み)


◆ 対象:3歳〜小学6年生 ◆保育料:500円(一律)
◆ 持ち物:弁当、水とう、上ぐつ
◆ 詳しくは別資料があります。お問い合わせください。
TEL 06-6763-4381 メールはこちらから

≫大阪研NEWS

≪ もどる